換気扇を掃除する時は洗剤に注意|ピカピカにする方法

主婦

しつこい油汚れを落とす

換気扇

汚れが落ちにくい原因

換気扇は油汚れがたまる部分でもあるので、掃除をするのは楽ではありません。台所用の洗剤を使っても、換気扇の油汚れはなかなか落ちないものです。しかし、換気扇専用の洗剤を使えば、しつこい油汚れも簡単に落とせます。このため、掃除を楽にしてくれる対策として、専用の洗剤の使用がおすすめです。換気扇の油汚れは時間が経過するごとに酸化していき、汚れが落ちにくくなります。すぐに掃除をすればいいのですが、その度に換気扇を取り外して掃除をするのは大変です。汚れが落ちにくいようなものは、洗浄成分を多く含んだ洗剤が最適なのです。こういう洗剤は、汚れを落とす効果に優れているため、スポンジなどでゴシゴシこすらなくても自然と酸化した汚れが分解されていきます。洗剤を薄めた水に換気扇を浸したり、洗剤の泡を付けるだけでしばらくするときれいな状態へと変わります。この専用の洗剤は、洗浄力が強い分、刺激臭などには気を付けなければいけません。家庭用として使う分には、刺激を抑えた洗浄剤が適しています。洗浄力が高くても、刺激の少ない洗浄剤は少なくないので、子供がいるような家庭では積極的にそういったものを選んでいったほうがいいでしょう。そのような洗剤は自然素材が多く使われており、掃除も気軽にできるメリットがあります。換気扇の掃除は、できれば定期的にしていったほうが汚れも落としやすくなります。大掃除のときだけでなく、2〜3ヵ月に1回のペースで行っていくのがベストです。専用の洗剤を使っても、長期間放置していた場合は掃除がかなり大変になってしまうため、定期的な掃除のペースも重要です。

掃除道具

しつこい汚れの落とし方

住まいの中でも換気扇は汚れがこびりつきやすく、市販の洗剤を使ってもきれいに掃除できない場所として知られています。主に調理中の油が汚れとなっているので、油汚れに効果のある洗剤を使えば、換気扇もきれいに掃除できます。

主婦

専用のアイテムが大活躍

換気扇の掃除には専用の洗剤がおすすめです。油汚れと埃の汚れが合わさっているため、頑固な汚れになっている傾向です。このため、吹きかけるスプレータイプのほかに、付け置き洗いができる洗剤も販売されています。

換気扇

業務用が汚れ落ち抜群

家庭の厄介な汚れ、換気扇の掃除は、アルカリ剤や溶剤配合の洗剤が便利です。1000円程度の業務用の洗剤であれば、こびりついた油汚れも落ちやすくなります。つけ置きをしておくことが重要で、そのためには大きめのビニール袋があると便利です。また、汚れをこそげ落とす専用ブラシがあるといいでしょう。